FC2ブログ
砥之粉は、京都山科の伝統産業で、日本で唯一の生産地です。

HOME

砥之粉(とのこ)ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケノコ最盛期へ


ブログ用230426 025
榊の木の近くで美人のお花、見~つけたっ!!

ハイハ~ィ!!

皆さま、お元気ですか?


あのね~、やっとこさタケノコがポコポコ出始めましたよ~。
先週から朝6時40分から手伝いに行ってます。

ようやく、上物(じょうもの)と呼ばれる大きいタケノコが出てくれました。

今日はカメラを持ち込んで竹やぶへ…

昨日ね、写真に残しておきたかったタケノコがあったんです。
大きな大きなひのき(木)に寄り添うかのように生えていたタケノコを見つけました。

木の輪郭?!に沿うように生えてました。木もタケノコも傷つけへんように、ケンジさんが丁寧に掘り起こしてくれました。
そのタケノコの成長ぶりに驚いてました。


今日は掘る前と掘った後のビフォーアフターをお見せします。
↓↓↓
ブログ用230426 002

タケノコの頭が二つ見えてるのわかりますか?

コレは大きいよ。

ブログ用230426 004
ケンジさんに任せて、私は邪魔にならんようにカメラを構える。

ブログ用230426 005
主役のタケノコを傷つけへんように、特殊な掘り鍬で周りの土をのけていきます。
あと少し。。。

ブログ用230426 006
最後の〆の作業。これが難しいんだな。

「サクッ」
柔らかい音がします。

ケンジさんの掘り具合は誰もまねできません。


ブログ用230426 009
やったぁ!!
掘れた~~~!!!嬉しいひと時です。

実はこのタケノコが今期最長の「主」と呼ばれるお殿様となりました。

ブログ用230426 010
ほ~ら、こんなに大きかったんですょ。


私の最近の役目は肥料入れ。
ブログ用230426 015
掘った跡にタケノコ用の肥料を振りかけて土をかぶす。
一番簡単で地味な作業やけど、次のタケノコの為に大事な作業なので、責任感じてやってます。

ブログ用230426 022
筍掘り用の道具。
一番重いのは刃の長さが80センチくらいあるやつ。
5キロはあるかなぁ…とにかく重い。
私は持ち上げるだけでキツく感じてしまう^^;
太枝切りハサミはブチ切り用です。


竹やぶにツバキの木があります。
見事に花ごと落としてますが、それが綺麗なこと。
ブログ用230426 017
その中にも小ぶりタケノコが生えてました。
こうしてマークしておくと、ハイデン兄さんかケンジさんが掘り起こしてくてます。

でもたまに掘り忘れてしまうので、マークしたら必ず声で知らせるようにしてます。


下ばかりを見て歩いていると笹が頭に当たってくるので、意外と危険です。
一番気をつけなあかんのが、斜面での作業。
でも意外とそうゆうところに大物が潜んでるんですよね~。

ブログ用230426 018
よしっ、帰ろう!と決めてからは、タケノコの仕分けをします。
下をキレイにカマで切り落とし、大きさ別に整列させる。

ブログ用230426 020
送りもやってます☆
人によって小ぶりが好きな方もいはるので、特大から小ぶりまで入れていきます。
私は筍の三角頭のへんが好きなので、小ぶり派です☆


ケンジさんにより選別が済めば後は私の仕事です。
ブログ用230426 021
乾燥剤や米ぬかを入れて梱包していきます。
そして、忘れてはいけない、ジャスミンオリジナル「筍カード」。今年の絵柄は数パターンあります。
他にはない私らしいカードを作って、一枚づつメッセージを書き入れる。
何を書こうか2分くらい悩むこともありますが・・・w

焦らず私のペースでやらせてくれるので、助かります。

今年はかなり遅れた筍ですが、上質なものをお届けできるよう、家族みんなで一本づつ丁寧に掘ってます。
みんな筋肉痛ですが、嬉しい痛みなので最後まで頑張りますよ~。

ご希望でしたら、お電話・メール等でお問い合わせくださいませ。


ここで、本日のおやつ~
ブログ用230426 001
ミルク系が大好きです。


そして、トミー姉さんに頂いたスプーンで食べるロールケーキ。
ブログ用230426-2 002
トミー姉さん、ありがとうございます。ミッシェルおばちゃんとスージー姉さんと「三分こ」して頂きました。
今日は残念ながらお会いできませんでしたね。また会える日を楽しみに待ってます☆

ブログ用230426 032
クリスピークリームドーナッツ
赤いのも黄色いのもどれも同じ味が気になりましたが、POPな見た目でわくわくしますね。


畑へ…
ブログ用230426 027
大根をとってみました。
まだ小さかったので悪かったなぁ…と引き抜いてから思いました。
でも立派な大根おろしになりました。


最後になりましたが、
私 ジャスミンは祇園での仕事にピリオドを置きました。

「このままじゃ人生後悔する」とか自分勝手言って、ボスや先輩達を困らせましたが、
最後の日には餞別まで頂き、感激しました。
歓送迎会とか飲み会が一切なかったドライな職場だったのですが、こんなエンディングになるとは思いもせず、危うく号泣しそうでした。
37度の女性向きのラベルの芋焼酎
海外のお菓子たち
キャラクターの歯ブラシ
元気の出るフラワーアレンジメント
 どれもこれも心温まるプレゼントでした。
嬉しかったぁ。感謝でいっぱいです。

あと、頼りになる運送会社のお姉さんにも別れを告げると、
大きい目をさらにまん丸にして、ビックリされてました。
何も言わないで消えるより、言って去ったほうがスッキリすると思って。。。
「もっと早く言ってくださいよ」
お姉さんにつっ込まれました。

そしてお隣のお菓子屋さんのおじちゃんにも話が広まり…
閉店後に店に来てって言われて行ってみると…
おじちゃんからも自慢のお菓子を頂きました。
「寂しくなるわ~」
おじちゃんの一言にグッときました。


悩みに悩んで決めたことですが、なんだか寂しい。
人との別れはいくつになっても悲しいもんですね。

昨日までの日常が、明日から日常じゃなくなる。

仕事の引継ぎを先輩にお願いした時も、これで最後かも?と思う業務をした時も、寂しくなりましたが、こういう気持ちも貴重な気がして、大切にしたいと思いました。


少し休ませて頂いて、やりたかったことをやりながらまた仕事探します。
焦ってどうこうしたくない。
わがままですね。。。

まだまだまだまだまだまだ未熟者です。

これからの新しい出会いに期待しつつ、私らしく生きていこうと思います。


明日も筍行ってきま~す。

おやすみなさい。


Good night.


Jasmine
スポンサーサイト

ページのTOPへ戻る↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。