FC2ブログ
砥之粉は、京都山科の伝統産業で、日本で唯一の生産地です。

HOME

砥之粉(とのこ)ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元大学のゲストスピーカー


IMG07901 (1)

皆様、こんにちは。

今日は進藤謙商店の秘書兼広報担当として、ケンジさんとともに地元大学に行ってきました。

そうです、前回書いたやつです。ついに今日でした。

朝早く起きて、家でも母家でも朝ごはんを食べ、いざ京都橘大学へ。

元女子大ということもあり、女性が多かったです。
IMG07852.jpg
ケガ人でもあるケンジさんを教授が優しく対応してくださり、対話形式での授業が始まりました。

学生の見込みは200人近いらしい。
みんな1回生らしく、とにかく若いんですが、どこかお疲れのようにも見えました。
そりゃ土曜の朝いちの授業ですもんね、眠いわね。

教授が用意してくださった砥之粉と謙商店を紹介するパワーポイントは見事な出来栄えで、途中でテレビで紹介された映像も流されました。
姪の私が言うのもおかしいですが、わかりやすかったです。

砥之粉は山科の伝統産業の一つですが、今や日本唯一の製造者となってしまいましたね。

最後の方で学生から「儲かりますか?」という質問が出て、これには私も笑いました。

儲かってたら、他の砥之粉屋は辞めてへんやろうね^^

一般使いしない砥之粉の話を聞いて、今日の授業はつまらんと思われても仕方ないですが、何人かは興味をもってくれたようです。
砥之粉の原料、持って帰ってましたもん。

私としては、ケンジさんがドジらないかハラハラドキドキしたものですが、なんとか終わってくれました。

お疲れ様、そして、倉持先生、ありがとうございました。

IMG07861.jpg
我が家から東に大学が見えますね。
湯気?の右側です。

IMG07857.jpg
乾燥させている砥之粉たち。
私には見慣れた光景やけど撮ってみた。

さて、今日は朝から母家にいるので、たっぷりお外で写真が撮れました。
IMG07902.jpg
ネーブルに似たやつ。
あま皮が薄いので、そのまま外の皮をむいたら食べられます。

IMG07903.jpg
柿。

IMG07879.jpg
木の棒をつっついて柿を落とし採る。

ただいま、野菜の収穫時期。あれもこれもあります。
キャベツ
白菜
ネギ
なす
ピーマン
ししとう(死にかけ、もうおしまい)
ニンジン
大根
丸大根
かぶ
小かぶ
水菜
サニーレタス
ジャガイモ
ごんぼ

ゆず
みかん
ネーブルもどき

ラズベリー♡

IMG07898.jpg
青虫の黒いバージョン。触覚がニンジン色してた!!
かす汁用のニンジンを散々探した後に気付いたから、背中がぞっとしました。

IMG07885.jpg
この小かぶちゃん、よく見るとボディーは土の上で、ひょろ~っとした根っこが地中に伸びている。凄い生命力やん。

IMG07889.jpg
左から大根、かぶ、かぶです。
よく見て~、大根とかぶやと葉っぱが違うのです。

IMG07866.jpg
サニーレタスの菜の花。

今は菊があちこち満開ですね。
IMG07873.jpg

IMG07865.jpg
飾らない心という花言葉をもつ
シンビジウムのつぼみ。

この流れで、「華のある生活」では、
IMG07854.jpg
ボケの木ですって

今日は寒いですね。
IMG07875.jpg
母家も寒くて、日が当たる縁側が暖かい。

<本日のおやつ>
食べかけですが、
IMG07904.jpg
採ってきたラズベリーをのせてみた。
その酸っぱさがたまらない。

ほな、またまいります。

Jasmine

P.S.
IMG07853.jpg
京都市長の大作さんにもらったらしい。
スポンサーサイト

ページのTOPへ戻る↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。