FC2ブログ
砥之粉は、京都山科の伝統産業で、日本で唯一の生産地です。

HOME

砥之粉(とのこ)ブログ

テレビの影響 & スイス2


Hallo!!
ブログ用 049

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

お寒~ございますねぇ。

今週のブログがまさかこんなに遅くなるとは…自分でもビックリです。遅くなって、ごめんなさい!!! 理由は一つ☆冬休みが終わり学校が始まって、一気に忙しくなりました。今月末で終わるので、一日一日を精一杯楽しみたいです。

トップの写真は、畑の金魚ゾーンで撮影。
冬の寒い日はこうやって表面が氷になってしまいますが、もう慣れっこのようにその下で金魚の一家が元気に生きています。
パクパクと可愛く口をあけてゴハンを求めています☆なんともかわい~写真。


ブログ用 019
母家のお花畑を一掃しました。
ブログ用 021
そして、アヤメちゃん達を掘り起こし、オランダで買ってきた球根を植えました。

オランダの空港で乗り継いだ時に、チューリップとか色んな球根や種が売られてて、カラフルで見たことない種類がたくさんあったのでいくつかゲットしてきました。うまく咲くといいなぁ~♪

オランダはチューリップが咲いてるイメージがありますが、「球根を育てて売る」ビジネスが立派に成り立っているのがほんまのとこらしい。あとね、オランダ語はドイツ語より男性的。速いしクールに聞こえる。オランダ人の英語も必然的に速くて独特。。。フィンランドはその上をいくと思いますがw

さて、言語話から離れて…久々に…
「華のある生活」
ブログ用 056
毎年この鳥のような花は出演しますが、未だに名前が覚えられない。それくらい珍しい花です。

家花のスイセンがスッキリした良い香りがしてます。

ブログ用 055
そして、つい最近ミッシェルおばちゃんの誕生日を迎えました☆花咲みのおっちゃん&おばちゃん、おおきに~!!溢れんばかりのピンクの世界が玄関に広がって、毎日気分を高めてくれます。


さて、タイトルの「テレビの影響」のことですが、お正月にぷいぷいもNHKも両方とも再放送してくださったおかげで、母家には「観たよ」の電話が再度あったそうです。

そして、珍しい見学者が今週きてくださいました♪ その貴重なお方は、なんとトイプードルみたいな俳優顔のハンサムさんでした。砥の粉について色々と説明をしたかったんですが、うまくできませんでした。せっかく来てくれはったのに大したことができずに申し訳なかったかなぁ…とも思います。

とにかく見学者さん、お越しいただきありがとうございました。


ここで「本日のおやつ」
ブログ用 051
祇園のえびっさんにお参りしてきました。今年も商売がうまくいきますように☆
「商売繁盛、笹持ってこ~い」の笹は3千円ととても高価でした。ビックリ。おみくじコーナーで見つけた「宝船」が気に入って、笹の代わりに授かってまいりました。
ケンジおっちゃんに、笹の話を伝えると…
「笹持ってこいって言わはったし、竹やぶから笹を刈り取ってきましたって言えばええやんw」って返ってきました。確かにねっ!こんなユニークな会話が母家では飛び交ってますw

ブログ用 054
愛犬シロも元気にしてます。

ブログ用 065
シロの首輪が新しくなりました。黒なので♂っぽいから悩んだそうですが、丈夫さでコレに決めたそうです。この首輪は笹と同じくらいしたらしい(Byケンジさん)。価値観は人それぞれ~。
首周りの冬毛がふわっふわ&サラッサラでめっちゃ気持ち良い!!!!たまりませ~ん。。。ぬいぐるみと違ってぬくもりがなお◎!

ブログ用 038
デンマークから届いたブルーキャステロ☆パンにチーズとトマトとカイワレをのっけていただきました。
青カビチーズの見方が変わります!!美味しい、美味しい、美味しい。例の刺激がなくて、あのマイルドさはほんまに信じられません。デンマーク、万歳♪
チエコおばちゃん、Tak!!

そして、コレ!スイスの超高級チョコ。
ブログ用 042
シュプリュングリ(Sprüngli)はスイスチョコの老舗。A4サイズくらいの板状のチョコを好きな分だけ買える、量り売りもされています。ナッツやフルーツが入ってるのも美味しい。

というわけで、スイスの旅の続きを始めます。
12月24日クリスマスイブ
10時、ヘリサウ→ザンクトガレンへ
ザンクトガレンはスイス東北部では栄えています。なんといっても立派な大聖堂があります。
駅に着くと…
2011Dec-Swiss 102
女性専用のタクシー。
スイスは日本と違い、個人タクシーが多かった気がします。というのも、タクシーのデザインがさまざまで、ヨーロッパならではですが、ベンツがほとんど。

2011Dec-Swiss 104
ザンクトガレンでもクリスマスマーケットがありましたが、素通り。友人の一言で冷めてしまったんです。「クリスマスマーケットで売られてるもんって、実用的じゃないよね?」ってw 見直すと、確かに☆ 飾りものや、どこでそのスカーフ巻くの?と思うような個性的なものが多くて、半分は趣味のお店ばかりでした。買って帰って、コレどうしましょってなるのがオチらしい。

2011Dec-Swiss 106
小雨が降ってきたので、写真自体はもの足りない画像になってしまいましたが…これが大聖堂(キャシードロゥ 独発音)です。

2011Dec-Swiss 109
旧市街を歩いていると、NHKの「世界ふれあい街歩き」の気分になれました。ナレーションは永作博美さんにお願いしようか。。。
世界ふれあい街歩き

通行人が少ないのは、イブのせいですね。イブに観光するスイス人はまずいない。

2011Dec-Swiss 111
銀行のトップが赤色が大好きで、本社ビルの周りの道を赤く塗ってしまったのですって。なんて大胆なんだ…ちなみに赤い車はオブジェです。

2011Dec-Swiss 116
それから駅に戻り、目的地のアッペンツェルへ。スイスは熊好きです。

2011Dec-Swiss 119
アッペンツェルは独特の文化を守るファンダジックな町。と、ガイドブックに書いてありますが、まぁ~上手に表現されてますね。
今でも住民の挙手によって行政を決めたりしている、伝統的で保守的なとこです。

2011Dec-Swiss 121
寒さをしのぎにそして、ランチがてらに入ったカフェ。店の雰囲気がとてもラブリーでした。

2011Dec-Swiss 123
ヘルシーなもんを注文したら、野菜スープリゾット?パスタ?がやってきました。コンソメ味やったかな。

2011Dec-Swiss 124
スイスならではのもんが飲みたいとオーダー。リベラというスイスでは有名なドリンクで、肝心のお味はねぇ、ずばり「レモン控えめのCCレモン」です。ウェイトレスさんがビンと空のグラスを持ってきてくれて、目の前で開けてくれて、かっこよくグラスに注いでくれました。
ここでも彼女のサービスと料理の味に満足し、私達も楽しめたので、快くチップを渡しました。スイスのチップの有無はこんな感じで決めます。

2011Dec-Swiss 125
これ、なんやと思います?
小さい街中を女の子二人がこれをぶら下げながら歩いてました。
この銀色の入れ物から独特の香りと煙が出ています。おまじないみたいなものです。

アッペンツェルをゆっくり楽しみ、帰りに有名なアッペンツェラーチーズを買って帰りました。

2011Dec-Swiss 139
その晩は一年でも一番大事なクリスマスイブでした。

2011Dec-Swiss 140
暖炉の火起こしは時間をかけてじっくりと・・・焦らない。スイス流。

2011Dec-Swiss 142
そして、その晩、友人がグリューワインを作ってくれました。白ワインが入ったお鍋に、オレンジの輪切りに何か(これが重要なのにネ^^;)を差込んだのと、シナモンを入れてグツグツ・・・

2011Dec-Swiss 147
ディナーの前におつまみタイム?! ソファーに座り、グリューワインとつまみでひとまず楽しむ。=ディナーを楽しむスイス人。
おつまみはシンプルなアイデア料理☆ ベーコンにでっかいプルーンをくるりと巻いてフライパンで焼くだけ~。プルーンの濃厚な甘さとベーコンのカリカリ塩味がマッチして、美味しかったなぁ。

あっ、白ワインのグリューワインは過去最高の美味しさでした。赤より飲みやすかったょ。

2011Dec-Swiss 148
そして、本番のディナー。
スイス料理の王様、ラクレット☆
こっちでいうたこ焼き器みたいなもので、スイスの家庭には1台は必ずあるラクレット焼き器。この器械は、上側でBBQできて、鉄板の下にチーズを入れて溶かすのです。

2011Dec-Swiss 150
お好みの溶け&焼け具合で引き出し、専用のヘラでジャガイモの上に流し落とす。そして、召し上がれ~。

2011Dec-Swiss 152
こんなかわいいサイズの玉葱があるんですね?!このサイズの皮むきは大変やと思うなぁ。だから工場とかでむいて酢漬けにされてしまうのね。

あっという間にディナーを食べ終わり、ディナーはどうやった?とママに聞かれて、「美味しかった。楽しかった」とドイツ語交じりの英語で答えると、200%のスマイルが返ってきました。幸せが共有できたみたいで、嬉しかった☆
スイスの人(欧米もね)は、今さっきあったことや今現在の気持ちや考えを面と向かって確認し合うのが当たり前で、重要とされています。口下手な私にとっては、いつも難解ですw

2011Dec-Swiss 153
気になった、テーブルナプキン。
ママのコレクションの一つです。ランチョンマットとお皿に合わせてコーディネートするんやって♪素敵すぎる~。家でいかに快適に楽しく過ごすか…食事の時間はとても大事にしてるんやね。

2011Dec-Swiss 154
食後に、例のイベントが始まりました。
イブの夜にはプレゼント交換★ 個人から個人へ。なので各自人数分のプレゼントを用意する。
これはママから貰いました。キャンドルでラクレットができるキットでした。

イブのディナーは、6時の乾杯から10時まで続きました。
お腹がはち切れそうでしたが、それと同じくらい心も満たされました。

で、その後みんなでクリスマスイブのミサに出かけました。
ザンクトガレンの大聖堂へ。。。建物内は、とてもとても広くて高さもあり、何よりステンドガラスや装飾が素晴らしかったです。
ミサ中には、ドイツ語バージョンの「きよしこの夜」も歌われました。立ったり座ったり、歌ったり、お話聞いたり、結構忙しいのですが、満腹のせいで一気に睡魔が(苦笑) 頭が何度か後ろに揺れて、恥ずかしかったですw
深夜に帰宅してまた一服~。このちょっとした「お茶タイム」も素敵なんです~。


スイスにゾッコン中。。。


1月15日。AM2時
いまだにね。


さて、現実に戻り…
また1週間、嵐のように過ぎていきそうです^^

皆様、長くなってしまいすみません。

どうか冷えにはご注意ください。

また、来週~


Jasmine

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ページのTOPへ戻る↑