FC2ブログ
砥之粉は、京都山科の伝統産業で、日本で唯一の生産地です。

HOME

砥之粉(とのこ)ブログ

アート大好き


ブログ用 008
こんにちは~☆

花粉は今がピークですってね。皆様、お元気ですか?

寒かったり暖かかったり、体調崩しやすい時期でもあるようです。
3月12日、山科でもこの時期最後と願いたい雪が降りました。
ブログ用 001
シロもびっくり。寒そうにしています。

シロの脱走癖は、ついに裏の畑を走り回ってしまうまでに。異国の子供のような表情をしながら爽快に走ってます。暴走に満足した後は、小屋で川辺のワニのようなポーズで休んでました。

春といえば、ここ謙商店では「筍」の時期です。先週、筍をブログに載せたことで「今年もよろしく」と常連さんから連絡がありました。ケンジさんはやや張り切っております。今年も「ええの掘るでぇ~」と☆ 新しい筍の鍬も買いましたし。
そんなこんなで、今年も筍シーズンが近づいてるんだなぁ…と日々感じ、毎年恒例の筍カード用のカードを買いにいってきました。
去年は写真をパソコンに取り込み、数パターン用意しました。 
何年か前は1枚ずつ手書きしたりしました。

今年はどうしようか…色々考えてると、結構いい暇つぶしになりますw 


さて先日、アート体験好きの私は、心友と和菓子作り体験に参加してきました。
場所は、四条堀川から歩いてすぐの京菓子の亀屋吉長さんとこです。

私が行ったときは女性2人組が5組いはったくらいで、とってもアットホームな感じ。
先生である職人さんも女性(私が言うのも変ですが、お若い方でした)で、教え方が堅苦しくなく優しいのでお友達に教えてもらってる感覚になり、ほんわかして楽しい和菓子教室になりました。

12-03wagashi 331
作る工程を写真に…と思いましたが、作ることで精一杯でしたw
完成品はこうやって1つずつケースに入れて持ち帰れます。作った後にも食べれますが、そんなもったいないことできません^^

12-03wagashi 335
ピンクの桜も黄色の蝶々も、作り方はほぼ一緒です。
(ピンクまたは黄色の餡に、表面の色をグラデーションにする為に内側に白餡を薄くのばした後、中身になる白餡を包み、木の道具で形作る。)
工程が少ないので小さな子供でも、ねんど遊びのように楽しめますが、何より形作るのが難しい。2つずつ同じ工程で作っても、形作りが違うと外見がこんなにも違う。
和菓子職人さんは同じ分量で同じ形に仕上げはるんやから、それはそれは年数のかかる職人技だと思います。

12-03wagashi 339
家に持って帰って、和菓子好きの両親に見せると喜んでくれました。自分で作って自分で食べるのもヨシですが、やはり体験話をしながら味わってもらうと、満足感と達成感(えらいオーバーでした!)を共有できて、きっと味わい深いものとなります。

形はビミョーでも味は亀屋さんですからご安心を…☆

余った時間に余った餡を使ってこんなのを作ってみました。外側の餡は緑と黄色のグラデーションにし、菊っぽくしてみました。極めつけは、先生に特別に使わせてもらった道具で真ん中の黄色い花の軸?です。
12-03wagashi 345
それとホワイトデーということもあり、緑餡のハートもポイントです。

楽しい。
    楽しすぎる!

愛情を抱き始めて、なかなか食べれませんでした。。



12-03wagashi 334
亀屋吉長さんのサイト


母家ライフに戻り、、、
今週の華のある生活です。
ブログ用 006
高さを活かした「投げ入れ」です。4月7,8日と本願寺で華展があります。スージー姉さんもカトリンも出瓶します!

ホームページがなさげなので、ここで告知をさせていただきたい。
(葉書を見本に・・・)



華道展    
華道本能寺

      2012本能寺


HONNOHJI IKEBANA,
   CULTURE&ART EXHIBITION
●華道・書道・茶道・絵画・日舞●

とき:4月7・8日 10~16時
ところ:本能寺(市役所前)


          第37回本能寺
          文化芸術展


お茶席もあるヨ。
色んなアートが集結して、五感の機能を全開に使えそう♪ 
あっ、でも触れるのは茶道くらいにしましょう。


アートが続き…
この部屋には十数点の絵が飾ってあります。
ブログ用 010
こないだ人生初の額選びをしました。
超大型日曜細工店ムサシには、額縁コーナーがあります。既製品でもさまざまな種類があるので、額をみてるだけで結構楽しいけど、オーダーメイド用の額見本も色んなデザインが見られて面白い。

額縁屋さんって実際に絵を見て、額のデザインや質を決めはるんですってね。なので、額縁屋さんは額を作るだけでなく絵の知識も必要なんですね。例えば、「この人の絵はこの額です」とある程度有名な人の絵は「この額☆」と決まっているようです。あと、同じ人が描いた絵でも上達していくと、額もそれに合った良いものになるようですね?! 奥深いですねぇ。

私の好奇心はどこまでも…旺盛です。


ほな、このへんでまた来週~。

チャオチャオ。


Jasmine
          





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ページのTOPへ戻る↑